カリヨンとは? About Carillon

About Carillon 音の教室カリヨンてなに?

私たち「音の教室カリヨン」は、いわゆる「リトミック教室」「音感教室」「児童合唱団」とはちょっと違います。引っ込み思案な自分を受け入れ、「表現すること」の楽しさ、大切さが学べる教室です。カリヨンを卒業していった子どもたちは、生徒会長をしたり、部活の部長をしたり、音楽だけではなく美術に進んだり、それぞれが自分をしっかり持って進んでいます。
私は小さいころから歌を歌うことが大好きでした。というよりも「歌」しか得意なことはありませんでした。小学校からとても引っ込み思案で人前に出て何かやったり発言したりすることが本当に苦手でした。でも、「歌う」ことだけは好きで、歌うことが幸せでした。幼少時代はずっと合唱団で歌い、毎日が歌三昧でした。
大学では表現教育というところで勉強しました。「音楽」「美術」「演劇」を学ぶこの学科で私は、それまでの引っ込み思案な自分を受け入れ、「表現すること」の楽しさ、大切さを実感しました。
「ありのままの自分を受け入れてくれて、そこに行けば自分を表現できる」という場所を作ろうと思い、「音の教室カリヨン」を作りました。
保育園の一室をお借りして5名ほどからスタートした、私の思いがいっぱい詰まったこのお教室はどんどん仲間が増え、15年目を迎える現在、生徒は100名を超え、延べ人数は1000人を超えるまでに成長しました。
この15年間でカリヨンは独自のカリヨンメソッドを作りました。無理やり音符を覚えるのでも、発声練習をするのでもなく、歌を通して自分を発見する、表現することの楽しさを見つけられるメソッドです。子どもだけでなく親も夢中になってしまうレッスンです。
カリヨンを卒業していった子どもたちは、それぞれが自分をしっかり持って進んでいます。そして大人になった今、また戻ってきてお手伝いしてくれたり、気軽に相談しに来てくれたり、第2の学校のようだと言ってくれます。
カリヨンに出会ってよかったと言ってくれる仲間がたくさん増えるように、楽しいこと、新しいことにチャレンジしていきます。どうぞ遊びにおいでください。きっと大好きな自分に出会えるはずです。
2016年3月 音の教室カリヨン
代表 平松あずさ

Carillon’s History
カリヨンのあゆみ

平松 あずさAzusa Hiramatsu
株式会社カリヨン・カンパニー 代表
音の教室『カリヨン』主宰・歌い手
玉川大学文学部芸術学科表現教育科卒業
小学生の時から大学2年まで13年間、杉並児童合唱団に在籍
大学卒業後、音楽教室勤務を経て『音の教室・カリヨン』を立ち上げ、
幼児から小学生の子どもを対象に歌を教え始める。現在100名以上の生徒を持つ。
同時に、東京を中心にコンサート活動を行っている。年間約30公演。
2000年6月
音の教室カリヨン開講
2004年~
平松あずさソロコンサート『檸檬色の風』を開催
2007年12月
初ソロCDアルバム「うたがいっぱい」(ユニバーサルミュージック)発売
2008年〜
高津区役所と共催で「親子プレママコンサート」を高津市民館大ホールで開催し、
700名の親子を動員
2009年4月
梶ヶ谷駅徒歩2分に『スペースカリヨン』をオープン
2010年
雑誌『baby life』に元フジテレビアナウンサー「大橋マキ」さんと対談が掲載
うたがいっぱい親子プレママチャリティーコンサートを開催
2011年〜
宮城県気仙沼市幼稚園、保育園でのコンサートを実施
2012年〜
親子ルーム併設「カフェカリヨンフィーカ」をスペースカリヨンのとなりにオープン
2013年
川崎市推進事業「地域に開かれた音楽活動」の中で川崎市の小学校の音楽の授業を担当
2014年
小学校の音楽教科書の模範DVDの収録(ユニバーサルミュージック)など
2015年
雑誌『VERY』家族のコトバに掲載
株式会社カリヨン・カンパニー設立